爆風チニング

高梁川
  • URLをコピーしました!

5月はチヌが釣れない季節?

ノッコミと言われる4月~5月はチニングを始めるのにとても良い季節と一般的には言われます。それは産卵前に腹を空かせたチヌが荒食いをする為です。しかし1週間前までたくさんバイトがあったのに急に無反応になる時期が4月終わりの大潮回りで起きることがあります。そう、恐らくは産卵行動です。
一説には産卵は汽水域では行われないとか、卵の全滅を防ぐ為にエリアを変えるなど言われます。そしてそれを証明するかのように5月末からガリッガリのチヌが汽水域に戻って来ます。これは地域によって違うでしょうし、岡山県でも釣れる年もありますし、海エリアでは比較的安定した釣果が出せることもあります。

風は釣りの大敵!

高梁川
しかし厳しい状況の時こそ魚は一箇所に集まる傾向があります。そして打ち付ける強風は岸に餌を運んでくれるプラス要素です。
ということで高梁川東側に行きましたが、強風を超えてもはや爆風です。このような状況ではラインが風に流されて操作感が保てず、何をやっているか分からないような状態です。メバリングやエギングに比べればマシですが、チニングには厳しい状況です。

ウィンド・ドリフト

風が強い時はみなさんはどうされますか?
風裏に行く人が多いでしょうし、重いシンカーを使う人もいるでしょう。しかし「風から逃げる」「風に勝つ」という方法以外に、もう1つの方法があります。
それは風を利用するウィンド・ドリフトです。

ウィンドドリフト
横風が強い時に釣り人はどのように道具を操作しているでしょうか?図のように重いシンカーを使い、竿を風下側に向ける人が多いのではないでしょうか。こうするとラインを一直線にしてアタリを取りやすくなります。しかしこの場合、流れを横切るようなトレースコースになりやすくドリフトにはなっていません。

ウィンドドリフト
逆に風上側に竿を向けて操作します。
「これではラインが一直線になってないからアタリ分からないのでは?」と思われるかもしれませんが
「風でラインを扇状に張って」アタリを取るのです。
適度なリーリングでラインテンションを管理するのですがアタリは「コツン」という反響的なものではなく、ラインのテンション変化で見極めます。慣れたら風があってもPEラインでも抜けアタリが分かるようになりますよ。

言葉で言うと簡単ですが

リグ
竿の角度
リーリング速度
風速
風向
流速
潮の向き
足場の高さ
キャスト方向
トレースコース

を考えながら行わないといけないので、慣れが必要です。
ドリフトはどこでもいつでも出来る訳ではないし制限も多いのですが、上手く型にハマった時には強力な食わせ効果があります。
会得するのは大変ですし自分もまだまだですが、身に付けて損はありません。ちなみに自分はメバリングでドリフトを身に付けました。倉敷の下津井は「激流」と言われるエリアで、更軽く投げると水深が20m近くあるディープエリアです。

水深15m超えのディープというのは…
ジグヘッドが根掛かりする
→引っ張って切る
→リグの重みがある
→外れたんだな
→途中から抵抗がなくなる
→切れてたのか
という現象が起きます。
要はこの”水圧”の更に下で、真冬の北西風が吹く中で、アフターメバルの小さなアタリを取らないといけません。この条件では、いくら「究極の感度」を求めるアジングの主力であるエステルラインでも用を為しません。PEで何とかしてアタリを取る必要があり身に付けざるを得なかったメソッドでした。

ちなみに本気でアタリに集中する時は横隔膜を動かさない為に呼吸も止めます。
ドリフトに限らずですが
落とし込みでも
ボトムバンプでも
ズル引きでも
徹底的に練り上げて
「この釣り方なら自信がある!」
という得意技にまで昇華させると、心の拠り所になります。
是非皆さんも得意技を身に付け下さいね!

オススメのワーム「クレイジーフラッパー」

やる気のある固体を狙うのに最適なクレイジーフラッパーの”チニング専用カラー”です

ヨドガワクロー

グリパンはチニングにおいて実績カラーなんですが、どうも地味で好かない…という方も多くウォーターメロン派が多いのではないでしょうか?これはグリパンにグリーンフレークを混ぜたいいとこ取り&少しアピールの安定カラーです。

エビミソ

赤はオールラウンダーでもあるんですが、もりぞーさんは赤系がナイトも効くと言われておりましたが、確かに効きます。

ウォーターメロンF

大量フレークで超アピール?と思いましたが意外とささ濁り程度でも良い反応が貰えています。マッディでも効くし、濁りが出たらこいつの出番!

最後までお読み頂きありがとうございました。
またどうぞ。

アマゾンで売上No1の釣具

楽天で売上No1の釣具

Yahooで売上No1の釣具

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメント一覧 (4件)

  • SECRET: 0
    PASS: 83fb2f02bc62626133f8087f466006b6
    属性の話は私の世代的にNARUTOっぽくて好きですよ(笑)
    深夜の投稿お疲れ様です。
    これだけ糸フケがあると、アタリが分かってもフッキングが追い付かない気もしますが意外と乗るもんですか?
    ちなみにやはりド干潮のウェーディングでしょうか?
    この川で流されるシンカー且つそこそこ飛ばせるとなると流れの強い流心狙いなのかなぁなんて…。
    満潮前後でも可能ならスニーカースタイルが成立するんですが…。

  • SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    属性話は大好きで自分は闇属性だと思ってます(笑)
    クレイジーフラッパーは確実に光属性です!
    4月末の大潮で魚が離れるのは目から鱗でした
    いつも釣れる場所周辺が全く釣れないから不思議で仕方なかったです。
    ありがとうございます!

  • SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    ともさん、まいどです!
    糸ふけという言葉はニュアンス的には「糸の弛み」だと思っています。
    ウインドドリフトは弛んでいません。
    曲線的に張っています。
    また、コン!というアタリは出ません。テンション変化を読み取ります。
    10gでも流される時もありますし、3.5gでも届くところもあります。
    これはウェーディング、長靴、スニーカーどれも同じです。
    頑張って下さい!

  • SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    名無しの信者さん、こんにちは!
    このパターンは年によってタイミングが違いますし、地域差もあると思います…が、今年は自分も周りも見事に当てはまっております。
    まあもう少しの辛抱ですよ。
    そしてアフター回復をトップで狙うのが楽しみです!

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次