だから~!チニングに本当に使えるルアーはコレ!分かった?!

  • URLをコピーしました!
ほーぷれす

まいどです!
ほーぷれす(@hopeless_orz)です。

ここに辿り着く前に「チニング ルアー」で検索しましたか?「チニングおすすめルアー○選」なんてタイトルの記事ばかりが出てきたのではないでしょうか?あれ全部適当なので信じすぎないように。

おめでとうございます、ようやくあなたはチニンガーが書く記事に辿り着きましたw
ろくにチニングをやらないメディアサイトや適当に記事書いてアクセス数稼ごうとしてるブログとは訳が違いますよ~!

それでは括目して読むべし!

あ、ルアーといってもソフトルアー(ワーム)は別記事なんで興味がある人は以下の記事をどうぞ。

目次

ルアーでチニングってぶっちゃけどうなの?

現在のチニングシーンはワームによるボトムゲームがメインで、ルアー(プラグ)を使う人が以前より減りました。ブームによってチニング人口自体は増えたんですけどね。

シーバスでは昔から今日に至るまでハードルアーがメインなのにこの差は何?と言ったら、チヌやキビレはワームの方がよく釣れるというイメージがあるからでしょうね。

ただそれは大きな勘違い。もし本気でそう思っているなら、言葉は悪いですがあなたの経験不足です。

あなた

だってSNSとかみんなワームで釣ってるじゃん!

ほーぷれす

フィールドによるんです。本当に上手い人はそんなこと言いません。

良かったら以下の記事をどうぞ。人によってはチニングに対するルアーのイメージが覆るかもしれません。

まぁ100歩譲ってルアーではあまり釣れないとしても、楽しくない釣りなんてやる価値無し!

あなた

ハードルアーで釣ってみたい!
チニングをより深く知りたい!

もしあなたがそう思っているなら迷わずやるべし!

ポッパー

概要

チニングでルアーでと言えばトップ、トップと言えばポッパーってぐらい有名ですよね。チニング創世記の頃、浜名湖で流行り一気に世に広まったルアーです。

当時のチニングではその人気をMリグ派と二分するほどの存在で、多くのメーカーが流行りに乗ろうと色んな商品を発売しました。まぁそれで釣れた人は当時はごく一部だったのでしょうけど。

ポッパーは小粒な外観、口に設けられたカップ、ロッドアクションを加えると音を発して水面に波紋を残す…いかにも釣れそうなルアーですよね。

実際その通りでトップ未経験者の人にとってはポッパーが一番釣りやすいルアーと言っても過言ではないでしょう。

メリット

・根掛かりしない
・視覚的にエキサイティング
・操作が簡単
・移動距離が短く小場所に強い

まず当然ですが、水面に浮かぶルアーなのでポッパーはラインブレイクしない限り無くなりません。細いライン、傷んだラインを使わない限りずっと使えるので1つ持っていれば長く使うことが出来ます。

次にチヌやキビレがルアーにバイトする瞬間が丸見えなので視覚的に面白い釣りなんですよね。トップ狂と言ってチニングはトップしかやらないという人もいるほどで、トップの釣りにはルアー釣りの醍醐味があります。

またポッパーと同じくらい人気のトップウォータールアーであるペンシルなんかは細かくロッドアクションを入れないといけなくて動かすのも慣れが必要。ロッドも先がしなやかでないと良いアクションが出しにくいです。
それに対してポッパーは硬いロッドでも…というか硬いロッドの方がむしろ使いやすい(首振り系は別)。ティップを下に向けてチョンチョンチョンとしてポーズ…これだけでも釣れちゃうんですから簡単です。これが「トップで釣った経験が少ない人はポッパーが一番釣りやすいルアー」と上で書いた理由です。

このルアーの使い所は街中の水路や湾奥などの小場所。ポッパーは短い移動距離で誘えるというのが最大の特徴であり、他のルアーに対する優位点でもあります。

デメリット

・見切られやすい
・大場所では効率が悪い

ポッパーは動かし続けたら釣れません。ポッピングアクション数回(基本は3回)後に、必ず2~3秒ポーズを入れないと駄目です。でも止めたら見切られるというジレンマw要は向いていない状況では全くダメということですね。

またカップで水を掴むことによって前進をストップして短い距離で誘えるということは、逆を言えばサーチが遅いということ。大河川の干潟などではポッパーは効率が悪すぎます。

昔に比べてトップルアーの人気を徐々にペンシルに奪われつつある?のはそんなことが原因です。

おすすめ

水泡

水泡
引用:メガバス

メガバスの水泡。

チニング用といっても色んな種類が発売されているんですが、私の経験上そんなにたくさん種類を持ち運ぶ必要はありません。ぶっちゃけ平均性能の優れたポッパーがタイプ別(強弱)に2つあれば事足ります。

身も蓋もない言い方ですが、それでダメだったらカラーを変えたり別のポッパーに代えるよりも、別のジャンルのルアーにするとかポイント自体変えた方がいいですよw

メガバスの水泡はチニング用ポッパーとしては一番人気かな?これ、かなり優秀です。
弱中強で言えば弱~中を狙った物で、チュポっというチヌやキビレが好む甘いポップ音を演出します。後方重心の斜め浮きで首振り系、ペンシルポッパーと呼ばれるタイプです。

真っ直ぐ単調に動くタイプのポッパーは見切られやすいのが弱点ですが、首振り=ターンによってアクション自体も小技が効いているのでこれは見切られにくい方です。

7gというそこそこの重量と後方重心で飛距離もなかなか良し。スピニングでちゃんとセッティングすれば40m飛びます。

加えて60mmというスタンダードなサイズ感はそのままに圧倒的な操作のしやすさが何よりの魅力。普通はこの手のルアーは足元に近付いてくるに従ってラインの角度の問題でアクションさせられなくなりそれで見切られることも多いんですが、こいつは足元までキッチリとアクションしてくれます。これが最大のメリット。

ついでにフックアイには本体内部にスイベルが内蔵されているのでバラシも軽減。ぶっちゃけポッパーとしては悪い所が見当たりません。

惜しい

アマゾンで売上No1の釣具

楽天で売上No1の釣具

Yahooで売上No1の釣具

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次