旅するチニンガー~島チヌ最強伝説~

チヌ
  • URLをコピーしました!

まいどです。

目次

あらすじ

もう8月も終わり。
朝方のヒンヤリした風が頬を撫で、夏の終わりを告げる季節。

この季節になると学生時代を思い出します。
皆さんの心の中にもありませんか?夏草の薫る、遠い記憶が。

懐かしい…あれは確か、私がまだ16歳の頃でした。釣りの話の前に少しだけ、私の昔話に付き合って下さい。

……………

…………

………

  

 

 

線路

電車は、まだ来ない。

ここは岡山県の片隅にある、俺が生まれ育った町。
せっかくの夏休みだというのに補習で時間を奪われた俺は、ここで帰りの足を待っていた。

俺「…はぁ……」

バシッ!
不意に背中に衝撃が走る。

?「こ~ら!溜息なんてつかないの」

こいつは私子。家が隣同士で幼稚園、小・中・高校とずっと同じ。
まぁ俗に言う幼馴染ってやつだ。
何かと俺の世話を焼きたがり、俺が所属する野球部のマネージャーなんてのをやっている。

私子「ちゃんと勉強しないと、進学出来ないんだからね!」
俺「ほっとけよ」

ミンミンミンミン…!

何でもない会話と、けたたましい蝉の鳴き声だけがホームに響く。

私子「俺クン、今日おじ様とおば様、旅行でいないんでしょ?」
俺「まぁな」
私子「晩ごはん作りに行ってあげるね!」
俺「い、いいよ。そんなの…」
私子「だ~め、遠慮しないの!」

俺の方が先に大人になってしまったのだろうか。
ガキの頃から恥ずしがらずにこのようなことが言える私子に、俺は目を逸らし、遊んでいる指先に靴紐などを結び直させた。

俺「そんなことより…」

俺は足元に落ちていた石を拾うと、大きく右手を振りかぶった。

俺「…ごめんな」
私子「え?」
俺「でも、待っててくれ」
私子「………」
俺「来年こそはきっと…お前を甲子園に連れてくから!」

そういって俺は、石を線路の向こうに向かって投げた。

私子「お、俺クン……///」

どこまでもどこまでも、この石が飛んでいくように。
いつまでもいつまでも、この永遠の夏休みが続くように。

いつか消えて、二度とは戻れない今日。
それはきっと何でもない物で、でもかけがえの無いもので。
そんな今だけの魔法なんだと思う。

青い空と、どこまでも続く線路。
その風景は、まるで俺達の終わらない未来を示してくれているように見えた。

16歳、夏。

電車は、まだ来ない。

……………
…………
………

 

 

そんな……

 

 

 

  

 

 

妄想をしました……

 

  

 

 

 

 

私の学生時代は暗い箱の中でした。青春らしいことなど何一つありませんでした。

 

 

 

 

 

下級生

強いていえばギャルゲーをやって夏休みを過ごしたことだけが、唯一の青春でした。

皆さんは
青春コンプレックス
という言葉をご存知でしょうか。

一般に青春時代と言われる年代に、他者との充実した人間関係を構築出来なかった人間が、大人になってから悔やむ現象です。そして時間は二度と元に戻らないので、基本的に克服することは不可能と言われます。

普段は症状が治まっていても、夏になると今でも再発します。

 

 

夏休み、バイト、花火、先輩女子、部活

そういう言葉を、俺の近くで使うな

やめろ

それは俺に効く

本当に

やめてくれ

 

 

…釣りの話をします。


チニングの矛盾

チニングが生まれた20年近く前のこと。
近場でお手軽簡単!チニング特集
それが、新しい商売のネタとしてチニングをブームにしようとしたメディア達の謳い文句でした。
しかしその実態はかけ離れたものでした。

例外を除き、今でもチニングの主なフィールドは河川です。しかしよく考えてみて下さい。

フカセは?
ダンゴは?
投げは?

チヌはどこにでもいる以上、本来チニングは餌釣り同様、どこででも釣りが出来るはずなのです。

確かに河川はチヌの魚影が濃い。
ですがその常識こそが本来は無限であるはずのチニングの可能性を狭め、限られた場所だけでしか楽しめない限定的な釣りにしてしまっている…そんな一面があるのもまた、現実ではないでしょうか。

河川が近くにある人はそれでもいいかもしれません。しかし今でも
「近所で手軽に出来るなんて、チニングっていいね!」
そう信じる純粋なチニンガー達は毎年生まれてきます。そして現実を知り、挫折し、離れていく。

憐れな話です。誰かが立ち上がらなければないと、私はそう思うのです。

だから私は…
キスを釣るような砂浜でも
サビキをするような漁港でも
アオリを狙うような磯でも
どんな場所でもチニングは通用すると証明しなければいけないのです。

そしてチニング創世記の…

先人達が犯した罪を…

私が代わりに償うのです…!!

何を言っているのか…

よく分からないと思いますが…

私にもよく分かりません…!

ただ確かなことは…

この熱い想いと…!

私が幼い頃から…

このような妄想に…

耽ってきたということだけです…!

そろそろちゃんと…!

釣りの話をします…!

島チニング

内海大橋

アマゾンで売上No1の釣具

楽天で売上No1の釣具

Yahooで売上No1の釣具

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメント一覧 (2件)

  • 一部界隈で、釣りにワームの種類は関係ない。
    目の前に通せれば、なんでも良いって方々が現れますが本当にそうなんでしょうか?
    魚に聞けないので答えは謎ですが。

    • 名無しの信者さん、こんにちは!

      対象魚によります。
      アコウやヒラメならば、割と正解に近いと思います。一番大事なのは潮で、魚がいる場所にリグを通せるかどうかが8割だと思います。
      逆を言えば、そこまで微調整してやらないと食わない一匹に照準を合わせてその場で粘り続けるぐらいなら、活性の高い魚を求めて投げる場所を変えた方が効率が良いです。
      自分の場合は「ワームを変える」というのは潮の向きやら強さやら水深やら必要なら飛距離やらに合わせて潮受けの意味でローテーションすることの方が多いです。

      これが管釣りや、バス釣りのサイトとかだと話は違ってきますが…。

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次