シルベラードGSIC-762ML + アルデバランBFSXG(L)

シルベラード
  • URLをコピーしました!

IMG_20180527_162732.jpg
ロッド…シルベラード GSIC-762ML
リール…アルデバランBFS XG左巻き
ライン…メインPE0.8号、リーダー12lbフロロ
シルベラードの特徴は、他のチニングロッドのどれと比べても高弾性・高感度なことです。
ボトムのチニング用に特化させた竿らしく操作性は秀逸です。
最初に手にした時は「張りが強すぎるんじゃないか?」とすら思ったのですが
ほどよい程度の先調子に仕上げてくれているのでいざ魚を掛けると負荷に応じてしっかりと曲がってくれます。
バットはかなり強く、40cm程度のチヌなら終始主導権を渡さず余裕で寄せられると思います。
(まだチヌは掛けていませんが、ニゴイの40cmは余裕でしたよw)
本当にによい竿なのですが注意点があります。
メーカーは下限3g~となってますが3gのルアーはアルデバランBFSを組み合わせていても
垂らしを長くしてフライ気味にキャストしても10mちょっとしか飛びません。
「快適に投げられる範囲ではなく、実釣で使えないけど何とか投げられる範囲」
を表記するのはメーカーとしてどうなのかなぁと思いますが、まぁその方が売れるのでしょう。
5gにもなると快適に投げられるようになってきますので実質5g~14g(メーカー記載の±2g)が快適使用範囲です。
エギングロッドのようにキンキン先調子ではなく、シーバスロッドのように胴調子でダルいわけでもなく
既存のチニングロッドよりも高感度で張りがあり、一番近いジャンルとしてはバスロッドだと思います。
バス・シーバス・ナマズ・ニゴイなど、私のような五目釣り師にも向いていますので
「取りあえず1本車に積んどくか」用にも向いています。
まぁ本当に汎用性を求めるならスピニングなんですけどね。
硬い竿でも3gでも快適に投げられますし。


最後までお読み頂きありがとうございました。
またどうぞ。

アマゾンで売上No1の釣具

楽天で売上No1の釣具

Yahooで売上No1の釣具

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次