\ 最大10%ポイントアップ! /

キーストンの邪道エギ「早福型/邪道編」のインプレと人気カラーの解説

早福型/邪道編
  • URLをコピーしました!

6/20 YouTube更新しました!

あなた

キーストンの早福型/邪道編って有名だけど釣れるの?

ほーぷれす

もうメチャクチャいいですよ…!

邪道エギって聞いたことありませんか?

餌巻きエギの別名で反則なほどよく釣れるという意味で、その元祖が今回ご紹介するキーストンです。

早福型/邪道編はベテランをもってして「餌巻きエギはキーストンさえあればいい」と言わしめるほどで、いまだにこのジャンルの第一線を張っている超・定番。

時代がキーストンに追いつかなかったという表現が似合う早生まれの天才という訳ですね。

ということで今回はその特徴や使い方、人気カラーなど徹底解説!

この記事を読んで1杯でも多くのイカを釣り上げちゃってください♪

管理人
アバター
ほーぷれす

餌釣り、ルアー、フライなどジャンルを問わず身近な水域での釣りを楽しんでいます。

「釣りの楽しさをお届けする」をモットーに、初心者の方にも分かりやすく釣りの情報を発信中!

\SNSもよろしくね!/

目次

評判・口コミ

ヤリイカ、ケンサキイカはもちろん、アオリやコウイカにもバッチリ!

ソデイカまで釣れるという(笑)

特徴

強発光

早福型/邪道編

もともとキーストンのエギはツツイカ類(ヤリイカ、ケンサキイカ、スルメイカなど)専用と言われて販売されていた過去があります。

回遊系のイカに何よりも大切なのはまずエギを目立たせること!

早福型/邪道編は他と比べてもかなり強く発光するのでイカを寄せる力が強いんです。

ウレタンボディ

早福型/邪道編
出典:キーストン

ヤリイカなんか特にそうなんですが、アタリがあってもアオリイカみたいにギューンギューンと引いてくれないんです。

しかも短足なのでカンナに掛からないことも多いのでアタリに気付きにくく、少しでもバイト時間を長くすることは超・重要。

でもヤリイカがクチバシでボディを噛んだ時に硬~いプラスチックだと違和感を感じて離しちゃうんですよ。

しかし早福型/邪道編はウレタンボディなので違和感を与えにくいため、明らかにバイト時間が長いんです。

ダート

早福型/邪道編

エサを使い果たしても大丈夫!

上面が餌を乗せるあめに平らになっており、それが抵抗となって左右にスライドするようにキレッキレのダートを見せます。

沈下速度

早福型/邪道編
アイテム重量(g)沈下速度
(秒/m)
V0
(Very Slow)
159~15
V1
(Standard)
163~4
V2
(Very Fast)
191~2
V3
(Very Very Fast)
270.5~0.8

V0(Very Slow)

流れの穏やかな場所や比較的浅い場所用に。

イカが浮いている時や、常夜灯周辺にもオススメ。

V1(Standard)

シリーズの中心となるスタンダードタイプで、まずはこれから。

V2(Very Fast)

流れが速い場所や水深の深い場所用に。

コウイカなど底のイカにも有効。

V3(Very Very Fast)

激流エリアのディープ用に。

定価は?

早福型/邪道編

先にキーストンの邪道エギの弱点を書いておきましょう。

それは…価格が高めなことです。

定価という表記でメーカーが公表していないのですが、キーストンのダイレクト販売を見るとV0~V1は1,320円、V2~V3は1,430円(税込+送料別240円~)なので実質これが定価かと。

V0なら根掛かりすることはまずないでしょうが、V1~V3は根掛かりを考えるとお財布の中と相談しないといけませんねぇ~…。

アマゾンで調べると現時点では高いですが、楽天なら安いショップもありますね。

お試しセットがお得かと。

早福型/邪道編におすすめのエサ

ワイヤー固定式なので何でもOKです!

これがゴムバンド固定のタイプだったらキビナゴなど小さくて細いエサじゃないと使いにくいんですよね。

ササミ、サバ、イワシ、サメ、サヨリ、イカなど自由に使ってください。

エサの付け方

STEP
エサを背中に乗せる
早福型/邪道編
STEP
後ろから前に向かって針金を巻いていく
早福型/邪道編
STEP
シンカーから出ている棒に余分を巻き付けて固定する
早福型/邪道編

余りが多かったらシンカーに巻き付けても構いません。

人気カラー

早福型/邪道編

フルグローホワイト

真っ白なので人気が無さそうなのに、意外とみんな使っています。

というのも早福型/邪道編は元々ツツイカ専用という名目だったので、ボディ全体が強く発光するこのカラーが今でも人気なんですね。

イエローグローパープル

パープルの部分は光らないため、目立ちつつも全体のシルエットが小さく見えるわけですね。

合理的なカラーです。

オレンジベースオレンジ

スタンダード中のスタンダード、オレンジはアオリイカには欠かせないカラー。

こちらも持っておきましょう。

使い方

ほーぷれす

私の使い方は以下の3種類です!

エギング

早福型/邪道編
出典:キーストン

キーストンのHPではV0と書かれていますが、もちろん他の重さ(V1~V3)も普通にエギングで使用できます。

アオリイカなら着底させてから跳ね上げてフォールの繰り返し、コウイカならシンカーをつけてズル引き、ツツイカ類なら任意の水深まで沈めて一定層をスローに引いてくればOK。

何を狙うにしても餌パワーで釣れるので、バシバシとシャクる必要はありません。

エギングその2

早福型/邪道編
出典:キーストン

その名の通りの邪道仕掛け?(笑)

エギの上でスッテがフワフワしているんだから釣れない訳ないですよね。

何がなんでもガチで釣りたい時は私もこの仕掛けを使うことがあります。

ウキ仕掛け

早福型/邪道編
出典:キーストン

最初は何じゃこりゃ?!と思ったんですが、やってる人が多いので私も慣れました(笑)

ヤリイカ(ササイカ)、ケンサキイカ、スルメイカなどツツイカ類はフォール中ではなくステイ中に食ってきますので、巻きを入れなくても一定層を維持できるウキ仕掛けは強い!

まとめ

  • 強発光でアピール大
  • ウレタン素材でバイト時間が長い
  • 餌をつけなくてもキレキレダート
  • 沈下速度はV0~V3まで幅広い
  • ワイヤーを巻きつけて餌を固定するタイプ
  • スッテやウキ仕掛けにも対応

いかがでしたでしょうか?

至高の餌巻きエギを使いこなして大漁を目指しましょう!

餌巻きエギの比較記事はこちらをどうぞ。

\残り時間わずか!/

早福型/邪道編

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次