こだわりすぎ!スワールテールシャッドの秘密を探る

  • URLをコピーしました!
ほーぷれす

まいどです!
ほーぷれす(@hopeless_orz)です。

インクスレーベルを代表するワーム、スワールテールシャッド。
これまた素晴らしい出来なのですが使ったことがない人もまだまだ多いいようです。

スワールテールシャッドの特徴や釣れる秘密など、インプレを書かせて頂きましたので読んでやって下さい。

目次

スワールテールシャッドとは?

スワローテールシャッド

スワールテールシャッドは2018年にインクスレーベルから発売されたシャッドテールのワーム。
これがまたスンゴイ釣れる!ということで瞬く間にソルトアングラーの定番になりました。

見た目はただのシャッドテールなんですが、実は他にはないオンリーワンの作りになっています。

レオン加来匠 渾身の作出:ノンボーダーシャッド

ベイトフィッシュが発する波動と動きをを実現するための、スワール(渦)テールというギミック このシャッドワームは使用するアングラーを必ず驚かせることになる  

引用:インクスレーベル

なんですと?!
それでは詳しく見ていきましょう!

スワールテールシャッドの外観をチェック

スワローテールシャッド

ワームの型崩れを防ぐブリスターパック入り。
上側がカパッと外れて下は繋がっているので出し入れが簡単です。

 

スワローテールシャッド

横から見た写真。
一見ただのシャッドテールだけど、どこに秘密が…?

 

スワローテールシャッド

それがこのテールの切れ込みです。
どういうことかと言いますと…

 

スワローテールシャッド

通常のシャッドテールなら横にパタパタとテールが動きますよね。
でもスワールテールシャッドは先ほどの切れ込みによって、水流を受けるとこのようにテールが後ろに折れ曲がるのです。

 

スワローテールシャッド

そのテールを横から見るとこんな感じ。
お椀のように真ん中が窪んでいるのが分かりますでしょうか?

さてここで想像してみて下さい。
後ろに折れ曲がったお椀状のテールが回転するように動くと、何かに似ていませんか?

そう、フラッシングはありませんがコロラドブレードと同じ効果を生むんですね。

 

スワローテールシャッド

レオンさんがブリーデンのテスターだった頃に世に生み出し魚種限定解除という謳い文句でソルト界を賑わせたメタルマルを皆さんはご存じでしょうか?

何でもよく釣れるということで瞬く間に浸透し定番になりましたよね。
私にとってもメタルマルは今でも欠かせないルアーです。

そのメタルマルをワーム素材で再現したのがスワールテールシャッド、という訳なんです。

 

スワローテールシャッド

今度は下から観察。
分かりにくいんですけど、腹側が薄くて背中側が厚みがあります。

 

スワローテールシャッド

よく見るとお腹側には切れ込みが入っています。
スワールテールシャッドは何でも釣る為のボーダーレスシャッド。
つまりあらゆるシチュエーションを想定して色んなリグに対応していないといけない訳です。

ジグヘッドリグだけでなく、根が荒い場所でボトムを取る為にオフセットフックを使用したテキサスリグにも対応しているんです!

この切れ込みはオフセットフックを収めやすくする為のスペースなんですね。

アクションをチェック

アマゾンで売上No1の釣具

楽天で売上No1の釣具

Yahooで売上No1の釣具

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次