月下美人ダートビームが廃盤!間に合わなくなっても知らんぞ~!

月下美人 ダートビーム
  • URLをコピーしました!
あなた

いつか買おうと思ってたら廃盤になったんだね
まぁ別にいいかな~

ほーぷれす

あきらめるのはまだ早い!

次々と新しいワームが生まれ、それと同時に消えていく釣具業界。

定番としては残るものもあれば、売上が芳しくなくて消えていくものもあります。

釣れるのに売れないから消える…悲しいことですね。

それが名人・辻原伸弥テスターが開発した月下美人・ダートビーム!

この度悲しいことに廃盤が決定しましたが、これは先入観に囚われ性能を見抜けなかった私達ユーザーの責任に他なりません。

でも流通量が多かったので探せばまだ売っているので大丈夫!

さらに耐久性に優れたエラストマー素材のワームなので、根掛かりしなければ1パックで一生使えます(笑)

ということで今回は不遇な月下美人・ダートビームを徹底レビュー!

この記事を読んでそそられたら、売り切れる前に検索しましょう♪

この記事を書いた人
アバター
ほーぷれす
  • 元釣具屋店員
  • 釣り歴…20年超
  • 釣りのジャンル…ルアー、餌、フライ等
  • 2022/10「ダイソー釣具」検索2位獲得 (公式を除く実質日本1位)
  • 住所…岡山県
  • Twitter…@hopeless_orz
  • instagram…@hopeless_orz
目次

特徴

三角断面形状

月下美人 ダートビーム

ワインド系のワームは基本的に三角形の断面をしています。

これはロッドでチョンチョンと跳ね上げた時に頂点の角で水を切り裂き、左右の平面で水を受け流してジグザグにスライドさせるためなんですね。

最近はワインドで使うのか巻きで使うのかよく分からない中途半端なものも多いですが、ダートビームはド・三角形!

ワインドのために巻きを捨てた、潔さすら感じる形状です。

硬めの素材

月下美人 ダートビーム
テールが垂れ下がらない

素材の硬さはワームのアクションに大きな影響をもたらします。

ワインドにおいて軟らかい素材と硬い素材のどちらが向いていると思いますか?

正解は「ワインドの質によって異なる」です。

確かにスローな食わせのワインドなら軟らかい素材の方が向いているでしょう。

しかしワインドの本来の使い道…激しいダートによって魚にスイッチを入れてしまうリアクションのワインドにおいては硬い素材が優れています。

それは軟らかい素材が水に負けて曲がってしまうのに対し、硬い素材は水を切り裂くことができるからなんですね。

それこそがまさにダートビームの真骨頂だと言えるでしょう。

折れ曲がったボディ

月下美人 ダートビーム

あなたはワインドセッティングという言葉を聞いたことがありますか?

左右にダートするためにはワームの抵抗を減らして水を切り裂く必要があります。

そのためジグヘッドを真っすぐではなく斜めに刺すんですね。

しかしそうするとセッティングがシビアになり、さらに千切れやすいという弱点も。

ダートビームはそれらを見越して最初からくの字に折れ曲がったボディをしており、真っすぐジグヘッドを刺すだけでダートアクションが可能!

ましてや斜めに刺そうものならラウンド(丸形)形状のジグヘッドですらワインド可能というヤバすぎる奴なのです。

微波動テール

月下美人 ダートビーム

2インチのダートビームには申し訳程度の小さなテールが付いています。

硬い素材は自発的なアクションを苦手なのをご存知でしょうか。

デプスやゲーリーのワームがそうですよね。

このテール先端はそれを解決しようというダイワ開発陣の工夫の結晶なのです。

ただしアクションには少なからず影響しているようで、テールに工夫がされていない1.3インチの方がダートの幅と切れは上。

気に入らない方は切って使いましょう。

高耐久

月下美人 ダートビーム

一般的にワインド系ワームは消費が早いという弱点があります。

ワインドさせている時に魚がワームを咥えた場合、次のしゃくりで瞬間的な力が加わって千切れやすいんですね。

そして少しでも千切れたらもうアウト。

ワインドしないワインドワームはただのゴムの塊になってしまうのです

しかしダートビームには伸びる高耐久素材が使われており、ちょっとやそっとでは破損しません。

根掛かりしないように大事に使えば、運がよければ1パッケージで一生使えるでしょう。

味・臭い付き

ダートビームにはアミノ酸ベースの集魚剤が練り込まれています。

ダートアクションでアジ・メバルを狂わせるという謳い文句はどうしたのか、と思った方も多いことでしょう。

しかし味・臭い付きのワームの方がバイトの瞬間に違和感で吐き出されることが減ります。

矛盾を感じるかもしれませんが、私達に少しでも多く釣ってほしいというメーカー側の気持ちの表れだと思いましょう。

投入シーン

活性は高いがワームを見切る時

メバリングやアジングをしていたら小魚系のベイトを追っているけどワームでは釣れない時はありませんか?

そういう活性は高いけどワームを見切るという状況こそダートビームの真骨頂。

食い気じゃなくてリアクションで無理やり口を使わせることに関しては、最近のマイルドなワインド系ワームの及ぶところではありません。

逆に活性が低いからただ巻きにちょっとアクションを加えたいな~という低活性個体を狙う時は、ダート幅が控えめで軟らかいワームの方が合っています。

私たちの愛するワインド系ワームも1種類でどんな状況にも対応できるわけじゃないということですね。

両方使いこなせればまさに鬼に金棒なので、ぜひ使いこなせるようになってください。

移動する前の一手

ダートビームのワインドは強力ですが、いつでもどこでもバシバシ使えばよいという訳ではありません。

アジ、メバル、カマス、メッキ…しょせん私たち霊長類に比べれば下等な生き物だとナメてはいませんか?

警戒心が強い魚はワインド時にラインが水を切る音に敏感で、一斉に口を使わなくなることすらあります。

よってまずは他のワームで普通に巻いてサーチし、それで釣れるようなそのまま釣ってください。

それで釣れないから移動する前の一手として使うのが正解です。

使い方

月下美人 ダートビーム
ダーティんジグヘッドSSとの組み合わせは神

基本的な使い方としては1.5g程度のダート系ジグヘッドと組み合わせて中層ワインドが万能です。

ダートビームは気持ちよく横っ飛びするので、最近の控えめなワインド系ワームに慣れた方は思わず唸るかもしれません。

その後は軽くリールを巻いてワインドで跳ね上げたぶん落としましょう。

イメージとしてはリトリーブとカーブフォールの中間で、それが食わせの間になります。

それでダメなら再度ワインドを繰り返しましょう。

中層で食わないなら重めのジグヘッドを使ってボトムワインドに切り替えてみてください。

ワインド後のフォール時間を稼いだ方が釣れる確率が高いので、ボトムを取れる範囲でなるべく軽めのジグヘッドを選ぶのがコツです。

まとめ

月下美人 ダートビーム
  • 三角断面、硬い素材、折れたボディでダートに切れがある
  • 2インチモデルはテールに小さなフィンがあり微波動を出す
  • 耐久性が高いので根掛かりしてロストしない限り長く使える
  • 味、臭い付きでバイト時間が長い
  • 活性は高いがワームを見切られる時に有効
  • やりすぎると警戒されるので移動前に使うのがおすすめ
  • 中層ワインドでダメならボトムワインドに切り替える
  • ワインド後はカーブフォールに軽い巻きを入れる

いかがでしたでしたでしょうか?

惜しくも廃盤になってしまったダートビームですが、流通量が多かったのでまだまだ市場に在庫はあります。

それがなくなってしまったらメルカリやヤフーオークションを利用するのも手ですね。

フグにも強く、根掛かりしないかぎり半永久的に使えるので是非ゲットしてください!

 

月下美人ワームの総まとめはこちらの記事をどうぞ!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次