ルアーで手軽にキスを釣ろう!「キスイング」の釣り方を徹底解説

キス ルアー 釣り
  • URLをコピーしました!

4/11 YouTube更新しました!

キス釣りの魅力

  • どこでもいて簡単に釣れる
  • 心地よいアタリと強烈な引き
  • 天ぷらから刺身まで絶品

キスには釣り人が求める要素が備わっており、なるほど昔から大人気な釣りであるのも納得です。

キスがルアーで釣れたらどんなに素晴らしいだろう…ルアーマンのあなたも一度はそんなことを考えたことがあるのではないでしょうか?

あなた

でもキスはフィッシュイーターじゃないから無理だよね…

ほーぷれす

ハードルアーでメッチャ釣れますよ!

こんな素晴らしい無敵の魚を餌釣り師だけに独占させておく…そんなこと私には許せませんでした。

そして歪んだ精神で昼/夜、雨/風、澄み/濁り、春夏秋冬…あらゆる条件でテストを繰り返し、ついにはルアーで安定してキスを釣れるようになったのです。

ということで今回はキスイングについて徹底解説!

この記事を読んでルアーマンのあなたも楽しいキス釣りを満喫しましょう♪

あなた

でも難しいんじゃない?

ほーぷれす

だいじょうぶ。
あなたも釣れますよ!
この記事を読めばナァ!!

管理人
アバター
ほーぷれす

餌釣り、ルアー、フライなどジャンルを問わず身近な水域での釣りを楽しんでいます。

「釣りの楽しさをお届けする」をモットーに、初心者の方にも分かりやすく釣りの情報を発信中!

\SNSもよろしくね!/

目次

キスがルアーで釣れる理由

キス ルアー 釣り

確かにキスはフィッシュイーターではないのでルアーでは釣れない…そう思うのも無理はありません。

でもそれはキスの口が小さくて小魚が食えないだけであり、砂虫やアミなど多毛類や甲殻類が主食の肉食魚なんですね。

そしてある日キスを捌いているとシャコの一部が出てきた時に「これ絶対ルアーで釣れるだろ!」と確信を得ました。

つまりキスはカニやシャコなど口に収まりきらない獲物にもちょっかいを出し、食えそうな部位(足)をもぎっていくのでしょう。

投げ釣りをしていて針自体は口に入らなくても餌だけ引っ張ってもっていかれますが、それが大きな獲物に対しても行われているという訳ですね。

勘のいい方はもう気付いたと思われますが、キスはルアー本体を食おうとしている訳ではありません。

ルアーに付いて揺れているフック自体を小型のベイト、あるいは甲殻類の足と見立てて食いついてくるんですね。

これがキスのルアー釣りの正体です。

ルアーでキスを狙うメリット

OK

手軽に釣れる

誰もが近所に釣具屋があるわけではないし、釣行前に餌を買いに行かなくていいのは助かりますよね。

だからどこかに出かけた時に海が近くにあれば「30分だけ遊んでみようか」なんてことも出来てしまう。

やりたい時にやって飽きたらやめる…そんなお手軽スタイルで誰もが楽しめるのがキスイングの魅力です。

手が汚れない

砂虫を針に刺すと薄緑の液体が出るので手に付きますから、その手で服を触って汚れたり車にニオイが染みついてしまうかもしれません。

自分はよくてもご家族・恋人はそういうことを気にする可能性もありますが、ルアー釣りならそのような配はありません。

手返しがいい

キス釣り唯一の弱点と行ってもいいこと…それは餌を頻繁に交換しないといけないことです。

キスは餌だけをグイグイ引っ張ってズラしたりちぎって奪っていき、それは小さな針を使ったり餌を短く付けても防げるものではありません。

一投ごとにそんなことが起きてしまう訳ですからストレスはかなりのもの。

せっかくだから楽しく釣りをしたいですよね!

ルアー釣り向きのポイント

キス ルアー 釣り

水路から淡水が流れ込む周辺は窒素やリンなど栄養分が豊富なのでキスの餌場になりやすく、チョロチョロと流れ込んでいるような小さな水路も立派なポイント。

磯に挟まれてワンドになっている小さな砂浜では、潮通しのよい中央部(ミオ筋)にキスが多く回遊してきます。

キス ルアー 釣り
キス ルアー 釣り

藻場はピンギス(10cm前後の小型)がフィッシュイーターから身を隠したり、良型キスがアミやワレカラを食べにくる餌場なので必ずチェックしましょう。

沈み根(水中の岩)の周りもよくキスが回遊してくるので根掛かりした時に位置を覚えておきましょう。

干潮時に下見をしておき潮位が高くなって岩が水没してから攻めるのもアリです。

キス ルアー 釣り
キス ルアー 釣り

グーグルマップを見ると海の色が薄い(浅い)ところと濃い(深い)所があり、その境界線がブレイク(カケアガリ)です。

ブレイクが岸から近い所ほどキスが釣れる確率が上がりますよ。

大雨で濁りが入ったり強風で底荒れするとキスは姿を消すので、水深があって環境変化を受けにくい漁港内が連発することも。

キス ルアー 釣り

キスは砂地ならどこにでもいる魚ですが、それは逆を言えばどこにでも移動してしまうということでポイントが絞りにくい一面があります。

だから昨日爆釣したポイントに今日行くとバイトすらないことも珍しくなく、いかにキスの群れを見つけるか?というのはルアー/餌を問わず最重要…ではどうすればいいと思いますか?

答えは色んな場所に投げてみること…シンプルですがこれしかありません。

投釣りでは遠投して沖から手前へと探ることでこれを解決しますが、ルアー釣りの場合は20~50m程度しか飛距離が出ないため物理的に不利ですよね。

そこでルアー釣りの場合はフットワークの軽さを活かして、テンポよくランガンしながらキスの群れを探すのが鉄則。

とはいえ端から端まで投げるのは効率が悪いので、上記のような可能性が高いポイントに目星をつけてまわるのです。

こういった変化の周辺を打ちバイトが無ければ次の一級ポイントへ…そうして足を止めずにその日のアタリポイントを割り出せば釣ったも同然!

キスを釣るのに必須のルアー

メタルジグ

キス ルアー 釣り

どんなメタルジグでもキスは釣れることは釣れるんですが、その中でも断然釣れるのがナッゾジグ。

巻くと浮き上がりやすくミノーのようにウォブリングするため、底より少し上をリトリーブするのに最適。

根掛かりしにくいし、リアの極小ブレードがキスにめっちゃ効きますよ~!

私は3.5~8gまで使い分けています。

詳しくはこちらをどうぞ⇒ナッゾジグの記事を読む

ワーム

キス ルアー 釣り

今日はキスの食いが悪くてメタルジグには食ってこない…そんな時はやっぱりワームが強い。

そして色々使ってみたんですがガルプやパワーイソメなどアクションよりも臭いと味が重要という結論に達しました(笑)

ただ注意点として長いワームをそのままセットすると端だけ引っ張って行こうとするので、針をキスの口に入れるためにワームは短く切って付けましょう。

基本的にはフックから5mmくらいしか出しませんが、アタリが止まった時やサイズ狙いなら10~15mmくらい出すこともあります。

釣り方

メタルジグ

リトリーブ&ストップ

キス ルアー 釣り

キスのルアー釣りでは基本的に3~8g程度のメタルジグ(マイクロジグ)を使用します。

  • よく飛ぶ
  • 底を取りやすい
  • アピール力がある

など広いフィールドでキスの群れを見つけるために必要な性能がメタルジグには備わっていますからね。

キャストして着底したらメタルジグが底より少し上を泳ぐくらいの速度でリールのハンドルを2~3回巻き、1~2秒ほどステイを入れて下さい。

活性化が高い時は止めなくても食ってきますが、基本的にはときどき底に当たるぐらい速度の方がバイトが多いですね。

またステイは獲物が逃げたり止まったりする様子を演出する食わせのアプローチなんですが、見せすぎたらキスは追うのをやめる(=偽物だと見切られる)ので1秒から多くて2秒程度にしておきましょう。

勘のいい人は気付いたと思いますがこの釣り方はキスの引き釣りと同じであり、ルアーのアクションはボトムを動くカニを再現したものなんですね。

砂浜ならトレブルフックでもいいのですが、ウィードを拾ったり根掛かりの恐れがあるポイントではシングルフックに交換しましょう。

 

シャクリ&フォール

キス ルアー 釣り

基本的には上で説明した方法でいいんですが、底を引いていても食わない時に有効なのが2~3回ロッドでシャクリあげてフォールさせる釣り方です。

と言ってもショアジギング的にバシバシやるのではなく、軽くチョンチョンと30cm程度跳ね上げるだけで十分。

キスはボトムで食ってくるのであり、高く跳ね上げるほど美味しいバイトゾーンを逃すことになりますから注意しましょう。

またこの釣り方は短い距離で長く誘えるので低活性な時に有効ですが、時間がかかりすぎるため群れの位置を正確に把握できている時以外はズル引きに交ぜるのがおすすめです。

小型のメタルバイブでも釣れるんですがフォールが速すぎるのかイマイチ反応が悪く、ヒラヒラと落ちるメタルジグにはバイトの数が及びません。

ワーム

ズル引き&ポーズ

キス ルアー 釣り

ワームの見切られにくさを活かしてよりスローに誘うのに適しており、スプリットショットリグで使用しましょう。

大きなフックでは掛からないのでキス針7号の仕掛けを流用するのですが、ルアーロッドで扱えるようにショートタイプを選んでください。

釣り方は引き釣りそのまんまで、ゆっくりリトリーブするかロッドを動かして底をズル引き、1~2秒ポーズを入れて食わせの間をとるだけです。

シェイク

キス ルアー 釣り

またメタルジグは漁港のように足元から水深がある釣場ではゆっくり巻いても底から離れてしまうし、根掛かりが多いポイントでは使いにくいですよね。

そのようなシーンではキャロライナリグが有効で、しっかり底を取りつつ巻かずに食わせることが可能です。

ただ本物の餌ではないので置き竿ではあまり釣れないため、ロッドで軽くシェイクして誘ってやりましょう。

タックル

キス ルアー 釣り

ロッド

色々試しましたが6.6~8フィートのアジングロッドがキスゲームには合っていますね。

一昔前のメバリングロッドのように軟らかすぎると何やってるか分からない(着底・操作感)し、フロートやキャロをガチ遠投するようなティップが強いのもでもノリが悪くなります。

張りとしなやかさのバランス取れていて感度がいいとなると、チューブラーよりもソリッドティップのライトゲームロッドに辿り着くでしょう。

まだロッドを持っていないor持っているロッドに不満がある人にはソアレXRのS76UL-Sをおすすめしますよ。

性能はハイエンドクラスに匹敵しますが値段は押さえられており、キスだけでなくアジやメバルにも最適な汎用性のあるスペックでお得です。

詳しくはこちらをどうぞ⇒ソアレXRの記事を読む

リール

リールは1000~C2000番クラスのスピニングがおすすめ。

7g前後までのルアーを投げるのでベイトフィネス機でも十分釣りになりますが、スピニングの方が軽量ルアーを遠くに飛ばせたり着水~着底までにスプール抵抗で手前に寄ってこないので長くボトムを引けるなど利点があります。

ぶっちゃけライトゲームでシビアなドラグ性能が求められる釣りはほとんどないので、ある程度軽くて巻き心地がよければそれでOK。

高いものを使っても釣果は変わらないので、リールの値段は抑えてそのぶんロッドにお金を掛けるべきかと。

レガリスは性能も十分で安いのでおすすめですよ。

詳しくはこちらをどうぞ⇒レガリスの記事を読む

ライン

PEライン0.2号程度がおすすめ。

ラインはキスのルアー釣りにおいて最重要なアイテムと言っても過言ではなく、ナイロンラインやフロロカーボンラインは飛距離&感度面で劣るため使うメリットがありません。

よってPEライン一択となり基本的には0.2号でもいいですが、岩の周りやカケアガリに群れが付いていることも多いのでポイントによっては0.3号の方が安心感があります。

特に5gから上のメタルジグを多用するならキャスト時にパツーン!と切れて飛んでいかないように、太めにしておいた方が無難かと。

おすすめはアバニのライトゲームスーパープレミアムPEが安定の品質(強度)で、飛距離も出るので頭1つ抜きんでていますね。

詳しくはこちらをどうぞ⇒ライトゲーム用PEの記事を読む

リーダー

フロロカーボンの4~5ポンドを1mほど取っておきましょう。

サーフなんて何も沈んでないし1mも要らんだろ~と思われるかもしれませんが、常にボトムをこすり続ける釣りなので意外とリーダーは傷んできます。

特にルアーのアイ付近は触っても分かりにくいですが確実に強度が劣化していきますので、投げた瞬間にお高いルアーがパツーン!と飛んでいかないよう定期的にカットして結び直しましょう。

釣行

  • 6月24日
  • 小潮(満潮3:00、干潮9:29)
  • 5:00~9:30
  • 岡山県の漁港&隣接するサーフ

朝マズメは数&型ともに狙える一番美味しい時間帯なので、確実にキスがいると思われるサーフに隣接する漁港へいきました。

ここに来る投げ釣り師達はみんな遠投するのですが、この港は奥に小さな流れ込みがあってキスが餌を求めて回遊してきます。

まずは手前を丁寧に探ってみようと3.5gのメタルジグでボトムを巻いていると、飽きない程度に小型がポロポロ掛かります。

キス ルアー 釣り

 

せっかくの朝マズメにピンギスを釣ってもしょうがないので、今度は5.5gに変えて遠投して沖を攻めてみました。

すると急に砂地から打って変わって硬質な質感が伝わってきます…沈み根です!

こういうところは怪しいんですが、じっくり底を引くと根掛かりするのでチョンチョンと跳ね上げてフォールさせ縦の攻めに変更したらドンッ!

ドラグを鳴らしてメチャクチャ引くので他魚種かと思いきや、上がってきたのは26cmの良型でした♪ 

キス ルアー 釣り

 

その後は休憩を挟んで隣接するサーフへ。

もともとブレイクが近いところを選んで入りました小潮ということでイマイチ潮が引かず、仕方ないのでヒップウェーダーを履いて膝下ウェーディング。

5.5gのメタルジグでボトムを引いていると引き抵抗が軽くなる=ブレイクを登り切ったと判断して回収し、横に歩いてブレイクラインを広く探る作戦です。

アタリがないまま20分ほど経過したところで群れを発見!

乗りきらないアタリに悩まされながらもポロポロと釣れてくれます。

キス ルアー 釣り

 

潮位が下がるともっと沖まで歩けるようになりブレイクが近付いたので、今度は3.5gに重量をダウン!

やはりキスのサイズや活性が十分でないと過剰に重いメタルジグでは乗りにくかったか、これが功を為してくれてバンバン掛かるように。

ここからはひたすら釣れ続けます。

キス ルアー 釣り

 

しばらくするとバイトが止まって群れが移動したのか?と思いましたが、別のメタルジグに変えたり横→縦の攻めに変えることで再び釣れ続けます。

群れはそこにいるけどスレてきただけだったんですね!

キス ルアー 釣り

 

日も昇っていい時間帯も終わり、干潮潮止まりなので終了。

終わってみれば大漁でした!

キス ルアー 釣り

まとめ

  • ルアーで釣れる理由…本体ではなくフックを餌と認識している
  • ルアーのメリット…手軽、手が汚れない、手返しがいい
  • ポイント…汽水、ワンド、藻場、沈み根、ブレイクなど
  • メタルジグ…3~8gがメイン。ズル引き&ストップ、シャクリ&フォールで使う
  • ワーム…キス針を流用したキャロライナリグがおすすめ。引き釣りやシェイクで使う
  • ロッド…6~7フィート台のアジングロッド
  • リール…1000~C2000番
  • ライン…PEライン0.2~0.3号
  • リーダー…4~5ポンドフロロカーボン

いかがでしたでしょうか?

あなたもルアーで美味しいキスを釣ってみてはいかがでしょうか。

キスの餌釣りに関してはこちらの記事をどうぞ。

\残り時間わずか!/

キス ルアー 釣り

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメント一覧 (4件)

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次