シャローフリークの使い方。これがTKシステム”改”だッ!!

シャローフリーク
  • URLをコピーしました!
ほーぷれす

まいどです!
ほーぷれす(@hopeless_orz)です。

メバリングに欠かせないフロートリグ。
そしてその中でも特に人気の高いシャローフリーク。
その性能を限界まで引き出す方法を記事にしました!

目次

シャローフリークの概要

まずはシャローフリークについて知りましょう。
メバリングに使用するフロート(飛ばしウキ)なのですが、詳しく解説していきます。

シャローフリーク
引用:アルカジックジャパン

Fシステムの為に生まれたフロート

Fシステム
引用:アルカジックジャパン

これがアルカジックジャパンのテスター・藤原真一郎さんが考案したFシステムです。

通常のフロートはラインが本体の中を通る物が多いですよね。
しかしFシステムの場合は、PEラインとリーダー結束時に発生するリーダーの余りにシャローフリークのスイベルを結びます。

Fシステムの特徴

・飛距離が出る
・着水後に姿勢が安定している
・ワームが自然にアクションする

抜群の飛距離は、卵型の形状による飛行姿勢の良さによるものです。

着水後の安定性は、卵型形状に加えてエンドバランサーがある為。

ワームのアクションを殺さないのは、シャローフリークがリーダーの余りにセットされていて干渉しにくい為です。

シャロークリークのランナップ

スクロールできます
タイプ重量(g)残浮力(g)
F7.5g0.3g
F10.5g0.6g
F15.5g0.8g
D8.1g-0.3g
D11.7g-0.6g
D16.6g-0.8g
シャローフリークのラインナップ

Fはフローティング、Dはダイブ(シンキング)の略です。

シャローフリークの使い方

リトリーブ&シェイク

Fシステム
用:アルカジックジャパン

これが基本になります。
活性が高い時はゆっくり巻くだけでOKですが、食いが渋いようならシェイクを織り交ぜてやりましょう。

広範囲を広く探る時にオススメな使い方です。

 

リフト&フォール

Fシステム
引用:アルカジックジャパン

リトリーブ&シェイクで食わない時は、リフト&フォールの出番!
横の動きで食わない時に縦の動きで食わせるのはルアー釣りの基本です。

これは主に活性が低い時の使い方ですが、シモリなど明確なストラクチャーがある時はその1点を重点的に攻めるのに有効です。

これはジグヘッドじゃ絶対に出来ない攻め方ですね~!

 

パラシュートモード

Fシステム
引用:アルカジックジャパン

ボトムで食わしたい時に有効な釣り方です。
これだけちょっと特殊でしてフロートの残浮力を超えるジグヘッドを組み合わせるのです。

そうすることによってリグを沈める訳ですが
「それならシンキングのシャローフリークを使えばいいんじゃない?」
と思いますよね?

違いとしてはジグヘッドが着底したらシャローフリークの沈下が止まり、海底より1mぐらい上で浮いている状態になります。

その状態で操作することにより、ボトムを上下に探れる形です。
また潮が効いていればほっといてもフワフワとボトムスレスレを動いてくれるので底でじっとしているメバルにも効きます。

このパラシュートモードはなかなか強力ですよ!

シャローフリークに適したタックル

ロッド

なーんだ、エギングタックルの流用か…とは思わないで下さい!

確かにメバリング用ロッドでもシリーズで最も強いものはフロートリグにも対応します。
…が、自分はあえてエギングロッドを使用します。

そもそも飛ばしウキを利用するような状況というのは、外灯の下でピチャピチャやってる小メバルを釣るのとは違います。
潮や沖のシモリについているメバルは基本的にサイズがよく、引きが強いのです。

またシャローフリークの中でもど真ん中の10.5gのフローティングモデルにもなると、いくら強めに作っているとはメバリングロッドだとしっかりバットまで曲げてのフルキャストには向きません。

だからエギングロッドや感度のいい先調子のシーバスロッドを好んで流用する人達が大勢いますし、自分もそうです。

とくにセフィアXRのS86MLSは潮の変化をティップで捉えてくれる上に、バットはかなり強いです。
フロートリグ専用ロッドか?というほどだし、お値段的にもサラリーマンに手が出せるレベルなので大変オススメです。

 リール

リールは0.6号~0.8号が100m以上巻けるなら何でもいいのですが、フロートの釣りという特性上、タックルには感度が求められるのでなるべく軽い物がオススメです。

あとここは大事なのですが…シングルハンドルかダブルハンドルか迷ったことがありませんか?
はっきりとダブルハンドルに軍配が上がります

巻き比べれば分かりますが、シングルハンドルだと、自重で勝手に回ります。
また沖の小さなアタリに瞬間的に巻き合わせする必要があるので、つかめる所は2つある方が理に適っています。

後からハンドルだけ購入すると凄く高いので、必ずダブルハンドルモデルを。
セフィアC3000SDHは万能サイズなのでフロートのメバリングはもちろん、シーバスやチニングにも使えるので使い回しが効くのでオススメです。

ライン

通常は淡水の比重が1.00で海水の場合は1.03程度と言われますが、市販のPEラインはそれより軽くなっていて水に浮きます。

これだと風に弱い。
厳密に言うと風によって立つ波に弱いのです。

足元からフロートリグまでのラインがほんの数cm沈んでくれるだけでこの風の影響を防ぐことが出来ますので、高比重PEラインが凄く使いやすいです。

また、馴染みがよくて水中でラインが張りやすいのでアタリもダイレクトに来ます!

シャローフリークの弱点

大変使いやすいシャローフリークのFシステムですが、残念ながら弱点もあります。

交換が面倒

シャローフリークはノット部のリーダーの余りに結ぶお手軽なフロートです。
しかしリーダーの余りは10~15cmほどしかありません。

だから
「シンキングタイプに交換しよう」
と思った時でも結び変えるのに勇気が要ります。

何故ならリーダーの余りが短くなると、ノットを組み直してもう一度リーダーの余りを作ってやらないといけないからです。
「じゃあ最初から50cmとか長めに余らせておけばいいじゃないか」
ということになるのですが、そうなるとシャローフリークのFシステムではアタリが分かりにくくなるのです。

絡む

これが最大のネックですね。
一応シャローフリークにはスイベルも内蔵されているのですが、それでも使ってれば必ず絡みます。
そしてノットの組み直し…。

メバルシーズンは気温が低く、西風が強い時期です。
釣り場でノットの組み直しはしたくないですよね…。

視認性が低い

シャローフリークは一応グローではありますが、遠投した先で目視することなど不可能です。
よほど目がいい人なら集中すれば分かるのかもしれませんが…。

結果として手に伝わる感度でどこをどう流しているのか判断せねばならず、ラインスラッグを取るために巻く羽目になってドリフトよりも巻きの釣りになりやすいです。

そして狙いの潮を外してしまう、と。

TKシステムとは?

そんな弱点を抱えたシャローフリーク。
優秀なフロートなだけに実に惜しい!

それを解決する為に生まれたのがTKシステムです。

アマゾンで売上No1の釣具

楽天で売上No1の釣具

Yahooで売上No1の釣具

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次