1000円で買える!ダイソーの釣り竿ってどうなのよ?

  • URLをコピーしました!
ほーぷれす

まいどです!
ほーぷれす(@hopeless_orz)です。

ダイソーの釣りへの本気度がハンパない!
今回は、その中でも注目されている釣り竿について調べました。

目次

何故ダイソーの釣り竿が注目されているのか?

あなたはダイソーの釣り具コーナーに行かれたことはありますか?
2年くらい前から目を見張るほどにダイソーは釣りに本気です。

恐らくダイソーの開発部署の担当が釣り好きなのだと言うもっぱらの噂です。

実際に釣りのことを分かっている人じゃないとこれは出さないよな…という物もあり、釣り具業界に影響を与えるほどの売れっぷりの良品もあるんですよ?!

そんなダイソーが~1000円で購入できる釣り竿を出したって?!
もちろん何万円もするような釣り竿には性能的に及ばないのは分かっています。
しかしそもそもダイソーの釣り竿に興味を持つ人達は、そんなことは最初から分かっているのです。

そんなあなたに
「こっちの方が軽くて高感度で~」
なんて野暮なことは言いません。

今注目されているダイソーの釣り竿にみんなが期待していることことはただ一つ!
安くて普通に使えること
これだけです。

何故なら…
釣り以外にも車だのゴルフだの音響だの、多趣味な人もいるでしょう。
小さなお子さんにプレゼント用に購入してあげたいという人もいあるでしょう。
お小遣いで釣りを始めたいという学生さん

とはいえあなたがダイソーの釣り竿について検索してこのページに辿り着いたのは
安物買いの銭失いにならないかな…
という不安があったからではないですか?
1000円だって貴重なお金ですからね。

私にはあなたの気持ちはヒシヒシと分かります。
そこでダイソーの釣り竿は買いなのか?そうでないのか?
今回の記事では、そんなあなたの疑問を解決します!

ダイソーの釣り竿が向いているのは、こんな人達

多趣味な人

車、ゴルフ、音響…他にも世の中にはたくさんの趣味があります。
多趣味な人達は釣りだけにお金をかける訳にはいきませんよね!

学生さん達

釣りをしてみたい…
そんな学生さん達をダイソーは応援しています!

学生は働いてないのだからお金がないのは当然です。
私も学生時代はミカンの皮でビタミンを補っていたものです…

ダイソーの1000円の釣り竿ならお小遣いで手が届きますよね!

お子さんへのプレゼントに!

「子供にちょっと釣りをさせてあげたいだけなんだ」
そんなあなたは素晴らしい!

もともと日本において釣りっていうのはそういうものなんですよ。
お金をかけずに身近で手軽に遊べる…それも釣りの楽しさなんですよ!

改造を楽しむ

釣りの楽しみ方は千差万別!
改造だって立派な楽しみ方の1つです。

1000円ならロッドビルディングの練習にも最適ですね!

1000円ルアーロッド・210cm

仕様

ダイソー

・長さ…210cm
・重さ…117g
・ガイド数…7個
・先端の太さ…2.2mm
・元の太さ…11.2mm
・素材…ブランク:グラスファイバー/グリップ:EVA
・適合ルアー重量…7~14g
・適合ルアー強度…4lb~10lb
・根魚、小型回遊魚、ブラックバスなどに。

外観

リアグリップ

 

ダイソー

ダイソーの1000円ルアーロッドは210cmも180cmも黒くて渋い外観です。大人が使っていても違和感はないですね。

リアグリップはこのようにセパレート(分割)方式になっており、デザイン性の向上に一役買っています。グリップエンド(竿尻)は特にダイソーのエンブレム等はありません。シンプルなデザインです。

 

リールシート

ダイソー

リールシートは掌に当たる部分が盛り上がっており、フィット感を向上させています。

スジが入っているの機能的な意味はなく、デザインでしょう。
全体的に黒いロッドは地味とも言えますが、シルバーの飾りがワンポイント・アクセントになっていますね。

ダイソー 釣竿

反対側。

リールシートのリールフットをセットする部分ですね。うん、シンプルでいいデザインなんじゃないでしょうか。

フロントグリップはこのようにダウンロックになっています。
ダウンロックとは、リールの足を釣り竿に固定する時に上(釣り竿の先端側)から下に向かってフロントグリップをねじ込んでいく方式です。

 

ガイド

ダイソー

ガイドはハードガイドが7個配置。

リールフットは空洞部が設けられていて軽量化に役立っています。でも真ん中は繋がっていて強度面も考慮されていますね。

 

継ぎ

ダイソー 釣竿

ダイソーのルアーロッドはのように2ピース(2本を継いで1本にする)になっています。

 

ダイソー

釣り竿の先端側の空洞部に、元側を差し込む形で、いわゆる逆並継といってルアーロッドではメジャーですよね。

この方法は先端側が元側よりも太くなる為、胴調子気味(先端よりも根本側で曲がりやすい)竿を作るのに適していることと、低コストで継ぎ部の強度が出しやすいのが特徴です。
主に汎用性の高いロッドを作るのに適していますね。

逆に先端側を元側に差し込むのは並継といって、先調子で軽量感のある釣り竿に仕上げやすい訳です。
こちらはどちらかというと小さなアタリを取るような繊細な釣りに適しており、その魚種の為の専用竿に用いられることが多いです。

 

リールセット時

ダイソー 釣竿

ダイソーリールと組み合わせるとこんな感じ。カ~ッコイイじゃないですか~。全体的に黒に統一されているおかげですね♪

ちなみにダイソーのリールに関してはこちらの記事でどうぞ。

インプレ

曲がり方

ダイソー 釣竿

2Lペットボトルに水を入れて2kgにしたものを持ち上げた時はこんな曲がり方をします。ダイソーのロッドの調子を乗せたブログって他にないんじゃないでしょうか?是非参考にしてやって下さい。

曲がり方としては結構スローですね。先調子気味なものが多いバスロッドにおいては異例と言えば異例です。ただそのおかげで投げられるルアーの上限にも余裕があり、バットのパワーが活かせます。

かなりパワフルですよ。仕様ではルアーの上限は14gで、ラインの上限は10lbとなっていますが、全然違います。20g&16lbぐらいは余裕のブランクですよ、これは。いやもっといけます。

硬さ的には一般的なバスロッドでいう所のライト~ミディアムライトのイメージですね。

何万円もするような高級ルアーロッドはカーボンを薄く巻いた軽量・高感度系な物が多く、その代償として強度が低いのが特徴です。

それに対してグラスファイバーで作られている釣り竿は重いですが強度が高い&よく曲がるので軽い物から重い物まで投げやすいという特徴があります。

バス釣りに使用しながらも、都市部の小場所(運河など)でセイゴ(40cmくらいまでのシーバス)や漁港でカサゴやタケノコメバル、ソイなど根魚を釣るのには良いですね。

<<210cmルアーロッドで釣れる魚>>

・ブラックバス
・コイ
・セイゴ
・カサゴ
・タケノコメバル
・ソイ

1000円ルアーロッド・180cm

仕様

ダイソー

・長さ…210cm
・重さ…117g
・ガイド数…6個
・先端の太さ…2mm
・元の太さ…9.5mm
・素材…ブランク:グラスファイバー/グリップ:EVA
・適合ルアー重量…6g~12g
・適合ライン強度…3lb~8lb
・ブラックバス、根魚、小型回遊魚などに。

外観

リールシート周り

ダイソー

210cmモデルのグリップはシルバーの飾りがついていましたが、180cmモデルはゴールドになっています。
これはカッコイイですね!

ガイドフット

ダイソー

こちらはガイドフットもブラックです。
ダイソーも細かいことをしてきますね!

インプレ

ただの210cmとの長さ違いかと思いきや、ちゃんと違いがありました。
それもデザインパーツだけじゃなくて、性能的な面です。

まず持った時の重量感。
210cmのモデルと比べて150g→117gと実に33gもの軽量化に成功しただけあって、結構軽く感じます。
これなら女性やお子さんでも扱えるでしょう。

先端が細く設計されている為、210cmのモデルよりも幾分柔らかいですね。
硬さ的にはバスロッドで言う所のライトとミディアムの中間ぐらいでしょうか。

それに応じて投げやすい重量も~15gぐらいかと。
軽いルアーはこちらの方が扱いやすいですね。

この釣り竿で釣れる対象魚は210cmの物と同じですが、短くなった利点もあります。
テトラの穴釣りにはこちらの方が向いています。

反面、海で使用する場合は長さやパワーで不利になります。
とはいえ210cmと比較して使えないほどの違いではなく、少しやりにくい…というレベルですが。

<<180cmルアーロッドで釣れる魚>>

・ブラックバス
・コイ
・セイゴ
・カサゴ
・タケノコメバル
・ソイ

釣り竿用の竿袋も販売されてるぞ!

ダイソー

・2ピース用(全長210cmまで)
・長さ…115cm
・幅…10cm

ルアーロッド用には竿袋もダイソーから販売されています。
でも300円はちょっと割高感があります。

薄いカバーなので傷防止には最適ですが、破損防止は出来ません。

ショルダーベルトは長さ調整が可能

ダイソー

53cm~100cmの間で長さ調整が可能!
ちゃんと考えて作られているのありがたいですね。

リールを取り付けたままでも収納可能

ダイソー

チャックが2つ付いているので、リールをセットしたままでもさおを収納出来るのがいいですね!

ただリールが無防備になりますが…。
ちなみにセリアからリールカバーも販売されています。

1000円未満の振出竿もあるぞ!

ラインナップ

ダイソー

<<270cm>>
・価格…800円(税込880円)
・仕舞寸法…59cm
・重量205g
・継数…6本
・ガイド数…5個
・投げ釣り、遠投サビキ、ウキ釣りなどに。

<<240cm>>
・700円(税込770円)
・仕舞寸法…55cm
・重量…190g
・継数…6本
・ガイド数…5個
・投げ釣り、サビキ釣りなどに。

<<210cm>>
・価格…600円(税込660円)
・仕舞寸法…53cm
・重量…138g
・継数…5本
・ガイド数…5個
・ちょい投げ、サビキ釣り、胴突きなどに。

ダイソーにはルアーロッドだけじゃなくて餌釣り用の竿もあります。
ルアーロッドは税込では1100円になっちゃいますが、こちらは正真正銘1000円未満!

こちらの竿はどれも先端の太さは1.8mmで、単なる長さ違いです。でも先端が赤く塗装されていて、目でアタリを取れるのはありがたいですね。

外観

シンプルなグリップ

ダイソー

1000円のルアーロッドと違ってこっちはアップロック(上に向かってリールシートをねじ込んで固定するタイプ)です。

ここをコスト削減されて変な形状にされなくて良かったですね。
シンプルな形状が一番。

竿カバーが付属

ダイソー

この値段でもちゃんと竿カバーが付属しています。
先端には爪があるのでどこかに引っ掛けておくことも出来ますね。

竿尻は取り外し可能

ダイソー

竿尻が外せるので、海で使った後も安心!
洗った後に水抜きが出来ます。

リールとセットで1000円の釣り竿もあるぞ!

ダイソー

・長さ…180cm
・重さ…120g
・継数…5本
・ガイド…4個

カラーはシルバーとブルーの2色があり、スペックはどちらも同じ。
グラス製の竿で、1本1000円の振出竿に比べるとガイドも少なく頼りない感じ。

ここがダメだよ!ダイソーの釣り竿の弱点

ガイドに段差が…

ダイソー

1000円のルアーロッドと1000円未満の振出竿、両方に言えることです。
ガイドフットの各溶接部に段差があります。

釣具メーカーの物であれば糸の引っかかりを考慮して平滑に仕上げられることが多いのです。
1000円の釣り竿のユーザーはビギナーさんがほとんど。
糸絡みが少々ウザそうですね…

新品なのに傷だらけ!

ダイソー 釣竿

まぁしょうがないんですけどね。
1000円の竿ですから、ダイソー側としても使い捨て感覚なんでしょう。

購入時には細い先端部には傷が入っていないか注意が必要です。
せっかく釣りにきたのにポキッと折れるのは悲しいですよね。

継ぎが甘い

精度が悪いのはしょうがないのですが、1000円ルアーロッドの継ぎが甘い…というかユルユルです。

使用中には緩んでいないか、こまめなチェックが必要ですね。
ここが緩んでいると継ぎ部が破損します。

結論!ダイソーの釣り竿は買いか?無しか?

ルアーロッドは無し!

買った時から傷がある、ガイドは引っかかり易い、継ぎは緩い…いくら1000円でもこれはちょっと。

コスパの「コスト」はいいですが、「パフォーマンス」の部分が低すぎます。
個人的には安物買いの銭失いかと。

最近の釣り竿は安くていい物がいっぱいあります。
その1000円、使い捨てにするくらいならもう少し良い竿に投資しませんか?

結局長く使える方が長期的に見ればお得ですよ。

振出竿は有り!

税込でも1000円しないので使い捨て感覚でもいいかもしいれません。
それでもちゃんと竿尻が外せて水洗いもできますから、ちゃんと手入れすれば10回近くは使えるんじゃないでしょうか?

みんな投げて地面にポイと置くものですから、最小傷が入っているのもそんなに気にならないと思いますし。

またルアー釣りと違って、本格的ではないチョイ投げやウキ釣りなら性能云々はあまり関係ありませんし。

ダイソーよりもオススメな釣り竿

安さ重視ならコレ!

楽天やヤフーでも販売されていますがアマゾンが超安いの大人気の釣り竿セットです。
の記事を書いている現時点で3,999円から300円引き。
配送料も無料です。

ルアー釣りだけじゃなくて餌釣りにももちろん使えますよ。

ダイソーの使い捨ての釣り竿と違って6ヶ月の保証がついているの大きいです。
使い捨てほど高い物はありませんので。

また、いくら竿が1000円でも以下の物を別途購入しないといけません。

・リール
・糸
・ルアー
・その他小物類

総合的に考えて、こっちがお得ですね。
レビュー、評価も上々です。

性能重視ならコレ!

長さにもよりますが、5000~7000円と値段は跳ね上がってしまいます。
しかしぶっちゃけいいますと…ダイソーのルアーロッドはブラックバスと根魚以外では、ほぼ釣りになりません…。

ルアーロッドを求める多くの人が釣りたい魚って何でしょう?
シーバス、エギング、ライトゲーム…この辺ですよね。

メジャークラフトはコスパ最強と言われる釣具メーカーです。
シーバスやエギング用、ライトゲーム用など、あなたがやりたい釣りにベストなロッドならこれですね。

  • ダイソーよりは高い
  • でもダイワやシマノなど一流メーカーより安い
  • 性能は本格的

そんなものを求めてるならコレですね。
家族の外食を一回我慢できるならベストな選択肢と言えるでしょう。

アマゾンで売上No1の釣具

楽天で売上No1の釣具

Yahooで売上No1の釣具

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメント一覧 (2件)

  • 1000円釣り竿セットの方は、怖い物見たさで買って3年近く使ってみましたけど、特に問題なく使えてますし、小学生の甥っ子に持たせてますけど、雑な扱いにも傷だらけになりながら耐えてますから、実用上では問題ないです。
    ただ、ガイドのメッキ部分が錆びやすいから、ダイソーで売ってる爪用のトップコートなりで保護した方がいいですよ。
    それと、ガイドのドラグにグリスがないから、バラして適量散布?した方がいいですし、元々巻かれてるラインは切れやすいから、ボビン巻きのラインに巻き直した方がいいかな?
    さしあたり以上ですけど、1~3000番のリールもそうした方が良さげですし、チョイ投げには役に立ってまし、ちょっとしたルアーなんかにも使えますから、買って損はないですよ。

    • ぷー太郎さん、こんにちは!
      この記事は割とよく皆読んでくれているので、ぷー太郎さんのコメントが参考になる人も多いかと思います。
      また色々教えて下さい!

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次