気を付けろ!フェルールワックスのデメリット

  • URLをコピーしました!
目次

フェルールワックスとは

フェルールワックス

フェルールワックスとは、マルチピースのロッドの継部に塗ることによって継部のガタ付きを抑える物です。
それによって釣りの途中で継部が緩んで抜けてしまうことを防ぐことが出来ます。

継部が緩むとキャストと同時にスポーン!とティップ側のセクションが吹っ飛んでしまったり(経験有り)、ガタついている状態でロッドに強い負荷を与えると継部が破損することもあります。

そんな便利なフェールワックス…それだけ聞くとメリットはあれどデメリットはないようですが、それはとんだ勘違い。
注意して使わないと逆に問題が起きる諸刃の剣。

今回はそんなフェルールワックスのあまり語られることのないデメリットに注目してみました!

フェルールワックスのデメリット①抜けなくなる

フェルールワックスを塗った分だけキツくなる

フェルールワックスを塗ることによって継部の凹凸を埋めてガタを無くす…それは言い換えれば塗った分だけキツくなるということです。
その状態で無理に押し込むと抜けなくなってしまい、無理に抜こうとして破損…なんてことも。

あなた

無理に押し込まなければいいんだろ?
初心者じゃないんだから大丈夫!

ほーぷれす

…と思っているあなたは確実にヤバイ!

詳しくご説明していきます。

フェルールワックスは熱で膨張する

フェルールワックスに限らないのですが、物質は気温が高いと膨張しますよね。

夏場など高温になりやすい時期はあまりピチッと差し込んでいると、抜けにくくなってしまうことがあります。
無理に奥まで押し込んでないぞ!と思っていてもそうなることがあるのです。

抜けない時は二人でロッドのバット側とティップ側を持って真っ直ぐに引っ張ることで抜けます…が釣場で1人だったらどうしますか?

ロングロッドだと1ピースのままだと車に積めないかもしれませんよね。
自転車やバイクで釣りに行く人は背負えなくなりますよ。

何とか持って帰れたとしても、友達や家族がいない人だったら人に頼むことも難しいはず。

フェルールワックスのデメリット②抜けやすくなる

あなた

抜けにくくなるのに抜けやすくなる?
意味がわからん!

ほーぷれす

床に塗るワックスは滑りますよね。
それと同じです。

フェルールワックスは緩み防止だけでなく固着防止という効果もあります。

フェルールワックス塗布後にロッドを継いでみれば分かるのですが、摩擦が弱まって「ヌルッ」としっとりした感触に変わります。

抜けなくなることを恐れて差し込みが不十分だと、逆に抜けやすくなってしまうこともあるんです。
適切な力加減が大事という訳ですね。

フェルールワックスのデメリット③保証が受けられなくなる可能性がある

フェルールワックスなどを継目に塗布されますと、場合によっては緩みや抜けを増長してしまうことがございますので、極力ご使用なさいませんようお願い申し上げます。(引用:ヤマガブランクス

ヤマガブランクスとリップルフィッシャーに関しては、継部にフェルールワックスを塗ることを基本的に禁止しています。本来ロッドを守るはずのフェルールワックスですが、上記のようなデメリットを考慮してこのように決めているようですね。

あなた

結局フェルールワックスって塗るべきなの?塗るべきじゃないの?

ほーぷれす

基本的には塗る方がベターです。しかしヤマガブランクスとリップルフィッシャーに関してはメーカーの推奨に従って塗らずに使うべきです。

この2社は継部の設計が他社とは違うのかもしれませんね。
何にせよ、開発者がそう言うからにはそれに従うのがベターかと。

メーカーの言うことに逆らってフェルールワックスを使用して破損した場合、最悪保証が受けられなくなる可能性があります。

ちなみにこの2社の社長は同じ人で、リップルフィッシャーのロッドはヤマガブランクスが作っています。

フェルールワックスのデメリット④買うのにお金がかかる

たかが600円程度なので大したことはないのですが、それでもお金はかかります。

年に1回か2回しか釣りに行かない人なら使わなくてもいいし、それでも使いたいなら後でご説明する代用品でもいいです。
ロッドは消耗品だから中古で5千円の物で十分、という人も別に気にしなくて良いかと。

要は使う必要が少ないなら600円と言えど無駄金なのです。
そもそもそういう人は結局使わなくなりますので。

正しいフェルールワックスの塗り方

デメリットを理解した上できちんとフェルールワックスを塗りましょう。
それでは手順をご説明していきます。

 

フェルールワックス

まずはフェルールワックスのエンドを回します。
するとこのようにニュ~と伸びてきますので、この状態で塗ります。
リップクリームのようですね。

 

フェルールワックス

まずはフェルールワックスを塗らずにしっかりと継ぎます。
次にその状態で継部の境にマスキングテープで位置出しをします。

 

フェルールワックス

では実際にフェルールワックスを塗っていきましょう。

継部のオス側に縦にまんべんなく塗っていきます。
すると大体の人がこんな感じになるでしょうが、写真を見るとフェルールワックスの塊が残っていますよね。

これは塗りすぎです。

 

フェルールワックス

実際に差し込んでみると、このように余分なフェルールワックスが押し出されます。
これが余分ということですね。

マスキングテープの位置までティップセクションが入っていません。
逆にしっかり差し込めていない状態という訳です。

ということでいったん引き抜いて、継部のオスを布で拭いて余分なワックスを減らして再トライ!
マスキングテープの位置までちゃんと入ればOKです。

指が汚れるのが嫌じゃなければ、指につけて伸ばしながら塗るのが一番ですよ。
体温によってフェルールワックスも柔らかくなりますし、まんべんなく濡れますから。

あとロッドを捩じるように回転させながら差し込んで下さい。
そうすることによってフェルールワックスがメス側内部の全体になじみます。

オススメのフェルールワックス

フェルールワックスというと一般的な釣具屋さんにはスミス製の物が置いてあることが多いですね。個人的にはこちらがオススメです。

何故かというとフェルールワックスは熱で溶けるんですよ。
でもスミスのフェルールワックスは高い気温でも溶けにくいので間違いないです。

 

フライフィッシングのお店だったらティムコを置いてあることが多い傾向があります。

こちらはスミスに比べて夏に溶けやすいのがデメリットです。
横に倒して保管していると中で溶けてしまい、次に使おうとした時に斜めに固まってたり。
最悪漏れ出すこともありえるので、個人的にはスミスの方がいいかなと。

しかしスミスよりちょっと安いのがメリットです。
スミスが在庫を切らしていたらこちらでもいいです。

夏でも日が当たらないように保管場所に気を付ければ大丈夫でしょうし。

代用品として蝋燭を使うことのデメリット

アマゾンで売上No1の釣具

楽天で売上No1の釣具

Yahooで売上No1の釣具

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次