前打チニング

チヌ
  • URLをコピーしました!

まいどです。 

 


~~~あらすじ~~~
先日、よくコメントを下さる“ともさん”からメッセージを頂きました。
「ついにヘチニングで結果を出した」
とのことです。
※ワームを利用したヘチ釣りの事。
くぅ~、素晴らしい!
 
チニングという釣法は、多い人達は一度の釣行で数十枚の釣果を手にすることもあります。
だからツイッターという全国一括りのコンテンツにおいてはともさんの釣果は霞んでしまう部分もあるかと思います。
しかしそれは違います!
忘れてはいけないのが、ここはチニング不毛の地・岡山県。
最初の頃は20回~30回ボウズは当たり前で、普通はチニングをやめるような地域です。
この地で定期的イコール安定して釣るということは、数枚でもスゴイことなのです。

この地でチニングをガチでやり込んできた私には分かってしまうのです。
彼が一体どれほどの
時間を
お金を
労力を
つぎ込んできたのか。
その釣果を支える裏には、大きな犠牲もあったはず。
他の誰が知らなくても、私にはそれが分かるのです。
チニングを始めてわずか2年足らず?なのに驚異的なまでの習得速度。
それはきっと釣りのセンスのおかげもあるのでしょう。
おそらく情報収集=コミュニケーション能力もあるのでしょう。
しかし、本質はそこではありません。
どんなにボウズを食らっても折れないこと。熱意を持ち続けること。
こればっかりは本当に、本当~~に限られた人にしか出来ないことなのです。
以前、ブログに書いたことがあります。
「岡山でチニングで釣るコツは、意地です」
…と。
多くの読者様が冗談としか思わなかったでしょう。
しかし、ごく一部のガチな岡山チニンガーはこう思ったはずです。
「確かに意地だな…」
…とw
~~~あらすじ終わり~~~



…ということで釣りへGO!
今回行ったのは玉島の港です。足元から水深がある漁港は、川の干潟と違って沖のボトムゲームが成立しにくいのが特徴です。
※地形によって例外もあります。

 
チヌはストラクチャーやガレ場に付きやすい性格をしているので、こういう場所ではまず狙うのはヘチ。付着している餌ですが、岡山ではイガイはいないのですがミジ貝がその代役となります。
フジツボやイガイそっくりのワームも発売されていますが、あれはどっちかというと保存餌みたいなものです。
そのローアピールや匂いが良いこともあるのですが、それなら素直に餌を使う方が良いかと思います。
私が使っているのはこれ
202104151.jpg
クレフラ・ハーフと名付けています。
要は頭が裂けたクレイジーフラッパーの頭側の半分を切って捨てた物を再利用するのです。
今回ともさんがヘチニングで使ってたのもコレです。クレフラハーフはいいワームなんですよw
ストレートフックにさしてボトムバンにしてもよく釣れますし。
「リトルスパーイダーはひっくり返して反対側使えるのに、クレイジーフラッパーはコスパ悪いな~」
と最初の頃は思っていたものですが、これで解決です。
もったいないから頭裂けたクレフラは捨てちゃダメですよ!

ということで釣り開始!…したのですが、ホゲました(笑)
どうやらヘチのチヌ達はともさんに釣り切られたか、絶滅したようです。
じゃあどうすれば…?
ヘチで釣れなきゃ漁港は諦めるしかないんか…?
いいえ、もう一つポイントがあります!
そう、波止は足元から数メートル先まで基礎捨石が入っています。
この切れ目もまたポイントなのです!
要は前打ちですね。
 
仕掛けは水深によりますが1.8~2.7gシンカーのテキサス・リグを私は多用しています。
餌釣りほど軽い仕掛けで流れに同調させる必要はないと思います。実際はどうあれ、私のイメージとしては食わせの釣りというよりも、リアクションです。自分の近くにカーリーをバタバタさせながらワームが落ちてきたら、そりゃあアピール力は抜群。逃げる奴もいるでしょうが活性高い奴は即食いです。
そういう意味ではボトムゲームと似ています。
一カ所で粘って食わせるんじゃなくて、食わない奴は諦めてどんどん歩いて撃つ方が可能性は高まります。 

 

 

 


202104152.jpg
前打チニング。
ポイントの少し沖に投げて、軽い巻きを入れながら斜めにフォールさせて落とすとガツン!
真上に投げないことで魚へのプレッシャーは減りますし、フォール速度を落とせる、アタリが取りやすいなどメリットがあります。
フリーフォールと使い分けると釣りの幅UP。
着底後にちょっと待って、チョン、とワンアクション入れて食わなければ即回収なのはどっちも同じ。
コツは
影を落とさない
足音をたてない
着水音は静かに。
岸に近いのでどうしてもプレッシャーが高くなりやりやすいので。
チニングの王道はトップとボトムゲーム。
それは事実なのですが、応用としてヘチニングや前打チニングには可能性を感じます。
タックル、ライン、ワーム、サイズ、カラー、フック、シンカー…
ガチで全てを練り込んだらどうなるか…?
面白そうですね!

 

シルベラードHS
穂先の繊細さと先調子を活かす釣りにはこれ。ボトムゲームはもちろんですが、こういう釣りにも向いています。

軽量リグを投げる最適解。
もはやソルトライトゲームではスタンダードと化したアルファスエア。
28mm軽量スプールは1.8gシンカーさえもキャスト出来ます。
前打チニングには欠かせないリールです。

 


体積の大きなボディと激しいカーリーの動きでアピール大!
チニングやるなら必需品です。
ということで…海ではチヌほど色々な釣り方がある魚はいません。
それはルアー釣りにおいても同じことです。
まだまだ歴史の浅い釣りですから、楽しみながら自由に色々試して行きたいですね!

 

 
最後までお読み頂きありがとうございました。
またどうぞ。

アマゾンで売上No1の釣具

楽天で売上No1の釣具

Yahooで売上No1の釣具

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメント一覧 (11件)

  • SECRET: 0
    PASS: 32da2d49c91bdc895464fd072d80742c
    負ける気がしねえw

  • SECRET: 0
    PASS: 32da2d49c91bdc895464fd072d80742c
    からの~ACジャ〇ンOFUSE
    この流れがサイコーw
    やっぱりステキ♡

  • SECRET: 0
    PASS: a2cd20d3eb703ac092efb7881d9a161e
    厨二病漂うブロガーになってきましたね(笑)

  • SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    やった!ネタにされたぞ!(真顔で)
    うちのスコーピオンDCでもへチニングできるでしょうか?
    すぐにバックラッシュするので長いこと使ってません
    ロッドはシルベラード旧型の中古をこないだ買いました

  • SECRET: 0
    PASS: 83fb2f02bc62626133f8087f466006b6
    どえらい名を頂いてしまいまして…。
    さらにその先を目指せと…。
    頑張ります(笑)
    調子に乗って今日もヘチったら見事にホゲ切りました(笑)
    前打チニングもボチボチ挑戦してみます!

  • SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    前打ちチニングめちゃくちゃ面白そうですね(*´∀`)
    ちょっとやっみたいけど難しそうな気がします|´-`)チラッ
    ポイントはどんな漁港でも出来ちゃう感じですか???
    あと、タックルはやっぱりチニング用がいいんですかね?持ってませんがw

  • SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    さかな釣り行こうかな。さん、まいどです!
    褒めて下さりありがとうございます!
    その道は比類なき応用力が魅力のかなりレアです。
    さすがです!

  • SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    ななしAさん、まいどです!
    中学生の頃、割とこじらせてしまいまして…w

  • SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    今夜が山田さん、まいどです!
    もちろん、そのリールでも出来ますよ!
    バックラッシュは無くなりはしませんが、慣れれば減りますし、重症には至らなくなります。
    スピニング投げと言われるピュッと振り下ろすキャストだとバックラッシュします。
    ブランクの反発で投げられれば、ブレーキ調整してれば大丈夫なはず。
    がんばってください!

  • SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    ともさん、まいどです!
    その熱意には頭が下がります。
    チヌの世界は広く、火の道をミックスした黒炎の道、黒より黒い漆黒の道などたくさんのライバルがいます。
    がんばってください!

  • SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    うずらさん、まいどです!
    どんな場所でも出来ますよ!
    ベイトの方がアタリは取りやすいです。
    タックルはバス用などでも全然大丈夫です。
    もちろんメバリングタックルも!
    カサゴやタケノコやアコウもたまに来るので面白いですよ。

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次