チヌに効く!スピンテールジグの使い方

チヌ
  • URLをコピーしました!

※過去記事のリライトです。本日の釣果ではありません。

スピンテールジグと言えばシーバスというイメージがありますよね。でも実は青物やロックフィッシュを始め色んな魚に効くということが知られています。

あなた

じゃあチヌにはどうなの?

スピンテールジグを使用したチニングってまだ確立されてない釣り方なんですよ。ということで昔からありとあらゆるルアーでチヌを釣りまくってきた私が回答させて頂きましょう。

結論から言うとスピンテールジグはチヌによく効くんです!

ということでこの記事を読んでスピンテールジグでチヌを釣りまくってくださいね。

この記事を読んで分かること

・チヌに効く理由
・使い所
・使い方
・オススメのスピンテールジグ

この記事を書いた人
アバター
ほーぷれす
◆釣り歴…20年超
◆釣りのジャンル…ルアー、餌、フライ等
◆岸釣り特化
◆ブログ開始…2018年
◆住所…岡山県
◆Twitter…@hopeless_orz
目次

チヌに効く理由

チニングにおいてカラーという要素が釣果に影響を与えるかどうかは不確実です。
赤がいいとか緑とかいいとか、どんな名人であろうが「自分は経験上こう思うけど、最終的には魚にしか分からない」が結論なのですから。

しかしフラッシングは100%関係しています

何故100%かということ魚が光を感じ取ることが出来るのは科学的に立証されているし、ある程度の釣りの経験者なら例外なく実感しているから。むしろ関係ないとする方が無理があります。

肝心のチヌに関しては研究者によると色盲かそれに近いそうですが、光には反応する結果が実験から得られています。

興味がある方はこちらをどうぞ。チヌ釣りが好きな人なら知っておくべきこと満載のバイブルです。

使い所

場所

まずはスピンテールジグの特性を理解しましょう。その上でそれらが活きる使い所の話をします。

スピンテールジグの特性

・良く飛ぶ
・沈下は適度に速い
・根掛かり回避能力ゼロ

スピンテールジグは金属の塊だからよく飛びます。

あまりにもデカいブレードがついていたら抵抗になるでしょうが、小さめのブレードならメタルバイブと飛距離は同等にぶっ飛びです。

とはいえ沈下速度はブレードの回転によってブレーキがかかるのでややスローになります。ストンと落ちないので以外と浅いレンジを引いてこれます。

リップがないので根掛かり回避能力はありません。

以上のことから以下の使い所が導き出されます。

・飛距離が必要な大場所
・プラグよりも深いレンジ
・根掛かり場所

当てはめやすいのは大場所の護岸ですね。

玉島港

イメージはこんな場所。
それなりに水深はあるが沖は砂泥質で根掛かりがない。

時間帯

チヌ

一般的にはスピンテールジグはデイゲーム用のルアーというイメージがありますが、夜でもバイトが多発します。イメージで決め付けてナイトゲームで使わない人は損してますよ!

月や街の灯りが届かない完全闇夜なら別ですが、少しの灯りがあれば魚は十分にそれを認識しています。それプラスブレードの微波動がむっちゃチヌに効くんですね!

使い方

チヌ

ただ巻き

バイブやミノーを巻いてるだけでもチヌやキビレは釣れるように、スピンテールジグもただ巻きで釣れます。チヌは「これはバイブだから食おう。でもこれはスピンテールジグだからやめよう」なんて考えていませんからね。

まずは投げて底まで落とし、ボトムの少し上ゆっくり巻けばOK。イメージはボトムから1m上、理想は50cm上と言った所でしょうか。これよりレンジが上がってしまうとチヌじゃなくてシーバスが釣れるのは他のルアーと同じです。

スピンテールジグの遠投力を活かして広範囲をサーチしながら活性の高い個体を拾っていきましょう。

フォール

チヌを狙う上でのスピンテールジグの使い方のキモはフォールにあると私は思っています。落とし込みがいい例でチヌは上から落ちてくる物に良い反応を示すんですよね。

ただ巻きで食わないと判断したらフォールを折り混ぜて下さい。リーリングを止めて竿先を下に向けてスピンテールジグを落とします。

すると今まで食ってこなかったのにガツン!とバイトしてくるチヌが大変多い。リアクション+フラッシングという凶悪なコンボです。

オススメのスピンテールジグ

メタルマル13g

魚種を選ばず何でもよく釣れるという反則ルアー・メタルマル。

色んな重量が出ていますがチニングには13gがベストでしょう。

コロラドブレードはウィローよりも水の抵抗を強く浮けるので浮き上がりやすくなります。これがメタルルアー?!っていうぐらい浅いレンジを巻けますよ。

ただ上で説明したように根掛かり回避能力はないので沈み物がある場所では使えません。一応シングルフックモデルもあるんですが、シングルフックにしても根掛かりは防げません。

長所を伸ばす為にもトレブルフックがセットされている物を使用しましょう。

ナッゾジグ12g

開発者はメタルマルと同じで、インクスレーベルのレオンさん。

スイベルを排することによって、ブレードを回転させるのではなくスイングするアクションに変更。

チヌのバイトの多さはメタルマルと変わりませんが、フロントフックがあるので掛かる率やバラシにくさはメタルマルの方が上ですね。

ただしナッゾジグは根掛かりしないように設計されているスピンテールジグなので別に欠点ではありません。メタルマルで攻めにくいような沈み物がある所でも使いやすいという唯一無二のスピンテールジグです。

まとめ

・チヌにはブレ―ドのフラッシングは有効
・使い所は大場所、プラグよりも深いレンジ、根掛かりしにくいが条件
・ナイトゲームでも有効
・使い方はただ巻きとフォール
・オススメはメタルマル13gとナッゾジグ12g

チニングに関して何か疑問はありませんか?
以下のまとめ記事で全部書いているので良かったらよんでね!


 

 

アマゾンで売上No1の釣具

楽天で売上No1の釣具

Yahooで売上No1の釣具

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次