チニングのシーズンについて考える

  • URLをコピーしました!
ほーぷれす

まいどです!
ほーぷれす(@hopeless_orz)です。

目次

チニングのシーズンは?

冬でも釣れることは分かったけど、いい時期と悪い時期があるでしょ?

…と言われればその通り。
年間を通して魚影が全く同じということはありません。

ということ他地域は置いといて、岡山でのチニングの年間スケジュールのご説明。

春(3月中旬~4月中旬)

一説には…
一つの水域で一度に産卵を済ませてしまうと、何らかの原因で卵の全滅が有りえます。
その為、チヌは100万~200万の卵を複数回に分けて複数エリアで産卵するとか。
実際ダイバーが潜ってみたら前日とは打って変わってチヌがゼロ!なんてこともあるそうです。

地域によって違うのですが、大体3月中旬から乗っ込み…いわゆる産卵の荒食いの為にチヌがシャローに差してきます。

この時期のチヌは大変釣りやすい!
ガンガン食ってくるので数、型共に揃いやすいのが特徴です。

がしかし…乗っ込みシーズンはムラが激しいのも特徴です。
爆釣した次の日に同じポイントに行ったらボウズなんてことも?!

晩春(4月後半~5月中旬)

まだまだ良さそうな時期に思えるのですが、反応が著しく落ちることがあります。
これは年にもよるのですが…。

一説には産卵の為に汽水域を離れ沖に行くそうなので、その為かもしれませんね~。

初夏(5月後半~6月中旬)

虫がいっぱいついて、可哀想なほど薄っぺらくなったチヌが河川に入ってきます。
産卵を終えたアフター個体ですね。

ある意味、一番ルアーへの反応が良い時期です。
3mの距離まで近づいても逃げようともせず、目の前でワームをチョンチョンしていたらフラ~っと寄ってきてパク…っと食べます。

引きは弱く、釣ったら罪悪感に苛まれることも…。

また梅雨時期の雨はキビレの群れに対する呼び水となることもあり、時に爆釣することがあります。

夏(6月後半~8月)

チニングにおける最盛期と言えるでしょう。

シャローには見えチヌがウジャウジャ!
トップウォータープラグへの反応は極めてよろしい。

また、水温が上がりすぎるとチヌも涼を求めるのか河川の魚影は一段と濃くなります。

人間的にはとても厳しい時期ですが、チニング入門者にはうってつけのシーズンとも言えます。
そういう意味ではチニングは夏のナイトゲームというイメージが一般的だったのも頷けます。

秋(9月~11月)

秋は荒食いシーズンで数釣りが楽しめる!
…とも言われますが、この時期は割と厳しい側面もあります。

9月になると、それまでシャローエリアにうじゃうじゃいたチヌの数が一気に減ります。
適水温になり広いエリアで釣れるようになる一方で、夏ほど絞りやすくないとも言えます。

また他の釣りにも言えることですが季節の変わり目というのは釣りにくいことがよくあります。
ポカーンとニュートラルな状態だったり。

また、キビレは秋が産卵期と言われて秋になるといなくなる「落ち」という現象も重なります。
ただしキビレの産卵期が秋というのは定説であり、本当の所は解明されていないようです。

実際にはキビレは早春に産卵します。

秋の産卵が間違いなのか?
年に複数回産卵するのか?
それは分かりません。

冬(12月~2月)

水温が下がるのにしたがってチヌの食いは落ち、居場所も深みの周りにシフトしていきます。
寒チヌなんて言葉もあるように冬でも釣れるのですが、他の季節よりも難易度は高いです。

しかし大丈夫!
岡山に関しては冬になると、チヌと入れ替わるようにキビレが入ってきます。

真夏と双璧を為すもう一つのチニングハイシーズンと言えるでしょう~

どのシーズンでも釣る為に

ということで、年間を通して楽しめるチニングですが季節によって釣り方やフィールドの選択を変えていかないといけません。

そこで一つ、私からあなたにご提案。
水温計りませんか?
チニングに限らず釣りの上達には必須です。

これ、水面に向けてボタンを押すだけで水温が計れる便利なツールです。

普通の温度計だったら1分くらい水中につけておかないとダメですよね。
足場が高い海や、手が凍える真冬なんて無理ですよね。

そんな釣り人共有の悩みを消してくれたのがダイワの水温チェッカーです。
大変便利なのでオススメですよ~!

アマゾンで売上No1の釣具

楽天で売上No1の釣具

Yahooで売上No1の釣具

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次